株主優待は株式配当とは違った株主への利益配当になっています。
この株主優待を受ける権利を得るには、配当の権利を得るのと同じです。つまり、中間期末と決算期末の月末時点で株主名簿に名前が載っているかどうかです。
この決算期末等で株式を買い取りしていく必要がありますが、この株主優待には会社の業務関連を主体としたものと、業務に関係のないものとに分かれます。業務に関連するものとしては、電車であれば一定数の株式の買い取りをしていれば、全線の無料パスを受けたりすることが出来ます。この他には、レストラン系であれば割引券の交付や金券の交付などがあります。業務に関連する内容を安く株主は優待を受けれるようにしているのです。また、こうしたサービスで、日本郵船恐るべきなのは、こうした企業であっても株主優待をおこなっているのです。日本郵船恐るべきなのは、業務自体が海運事業であるのに優待を行っているのです。海運取引を安く経常的に行うことを目的として、取引先自体が株主優待を受けるために購入しているケースも少なくないのです。
また、株主優待自体も、買い取りした株式数に応じて受けれるサービスが異なる場合もあるのです。
日本郵船恐るべきなのは、一般の者つまり、事業者でない人たちに対しても、優待を受けれるようにしていることです。
業務に関係のない株主優待を行っている企業も少なくないのです。例えば、株主に対して、お中元やお歳暮的なものを贈ってくる企業もあります。
この優待では、本体の事業において業績がよくなくても、株主に対してお礼の意味も込めた利益還元を行っている企業は少なくないのです。業績が赤字であっても優待を継続している企業が多いといえます。